品川区の町工場のブログ 柴田製作所のしばチャンの・・・

小さな工場の大きな力!常に不便探しをしている。不便をもの作りの力で便利にしたいから。他には、多趣味だから、そんなこともブログにしてる

女房と差で勝負~連敗中(涙)

おはよーございます!町工場のしばチャンです^^

 

この前の休みは女房とへらぶな釣りの勝負をしてきた。

場所は、羽生にある「釣り処椎の木湖」って釣堀。

 

 

朝寝坊して到着が7時になる。

座席はほぼ満席で、正月以来の大入り!

 

並んで入れる座席は一番遠い場所か一番近い場所。

ちょっぴり迷って近くに席を取る。

 

急いで準備をする。

 

 

女房はお決まりの九尺のカッツケ両ダンゴ

要は

竿九尺

カッツケ=浮きからおもりまで1メートルの浅いタナ。

両ダンゴ=2本の針にダンゴって種類の餌

ってこと^^

 

俺は同じく九尺でテンテンの両だんご

テンテン=浮きを竿先あたりにセットして深いタナ。

 

 

スタート直後から魚が寄ってこない!?

1時間経過してやっと女房が1匹!

俺はゼロOrz

 

あまりにも浮きが静かで飽き始めたので、餌をとろろのセット釣りに変更!

 

ダメだった   Orz

 

その後俺もカッツケ両ダンゴにしてやっと2枚上げるも女房は

6枚くらいに増えてる!?

 

 

周りを見るとみんな連れてない様子。

管理棟の近くに座ってるからか、食事に行く釣り人達の会話が聞こえる。

 

「今日はダメだ」

とか

「人罪だぁ~」

とか・・・

 

確かに魚より人の数のほうが多いような・・・(そんなことはないけど)

 

 

 

お昼ごはんの後は、グルテンにしたりウドンにしたり、タナを変えたり仕掛けを変えたりと色々やっても全然ダメ  Orz

 

完全に餌の消化試合になった。

 

 

女房はいつものダンゴ餌に麩を混ぜて固めにしてさらに少し練り込んで粘りをだした餌で、気がつけば12枚

 

俺2枚

 

 

 

負け決定   (><)

 

 

 

諦めてカッツケ両ダンゴに戻すも、時すでに・・・。

2枚は釣ったけどね^^

 

 

最悪な釣行に終わってしまった。

 

 

まあ、いつもこんな感じで色々な釣り方をして負けるってパターンなんだけど(笑)

 

 

結果!

女房は15枚

俺は4枚

 

また大差だった・・・。

 

 

この日は全体的に釣れてなくて、一番釣った人でも50枚。

前日は120枚だったから、いかに釣れなくなったかがわかった。

 

 

ヘラブナは食べれない魚だけど、ヘラブナ釣りは奥が深い。

それだけにやめられない^^