品川区の町工場のブログ 柴田製作所のしばチャンの・・・

小さな工場の大きな力!常に不便探しをしている。不便をもの作りの力で便利にしたいから。他には、多趣味だから、そんなこともブログにしてる

広島までドライブ~ひたすら運転

おはよーございます!町工場のしばチャンです^^

 

いまだに続く正月休み・・・

柴田製作所はど~なるのか!?

二ヶ月後には不当たりで廃業になるのでは!?

マジ深刻な問題   Orz

 

 

暇すぎて墓参り決行!!!!!!!!!!

我がしばチャン家の墓は広島県は東広島の山奥にある。

棒TV番組で「ぽつんと一軒家を探してるのですが・・・」なんて村人に尋ねるシーンのような村にお袋の実家があり、そこから車で約30分弱のところ(信号は無い)の

小さい山の上に墓はある。

 

 

先ずはお袋に頼まれ荷物のパッキング!

田舎にいくならと、使わなくなった食器、布団、漬物樽?を車に詰め込む。

f:id:mmongoose:20200120103834j:plain

パンパン状態。さらに俺の荷物。ギターとゴミ!?

ギリギリ後ろが見えるくらい。

俺の車はアウトランダー。結構な荷物が積めるが、なんだか夜逃げ状態(笑)

 

 

出発!

夕飯食って少し寝てからの午前2時に出発。

8環から用賀から東名に入る。

お決まりの海老名SAはいまだに工事してるからなのか人は少ないって、平日の夜中だからね(笑)

ここでタブレットをセット!

f:id:mmongoose:20200120101425j:plain

DTBでドラマを見ながら走るんだ!

800キロの運転は流石に飽きるからね^^

ダウンロードしたのは「35歳の高校生」米倉涼子の作品。

いくら綺麗な米倉涼子とはいえ、JKの制服はちょっと痛かったけど、スポーツカーで登校とか喫煙エリアで担任教師と一服とか破天荒で面白かった(笑)

なんて一気に11話全て見た頃には岡山まで走ってた^^

 

高速を降りて走ること40分で到着!

f:id:mmongoose:20200120101436j:plain

典型的な田舎の家。

到着時刻は14時チョイ過ぎ。近所に住む(車で20分くらいの場所)叔母さん

が帰りのお土産の準備をしてた。

助かった^^;

ちなみにお土産は畑で取れた野菜とその漬物(笑)

 

庭まで降りる道はあるけど、アウトランダーでは超ギリギリで脱輪するくらい細い道。

叔母さんの車は、やはり田舎の定番のKトラ!田舎では最強マシンなんだ^^

 

Kトラで荷物を降ろしてもらう。

LDKの平屋建てで一部屋はやたらと広い。

少しの時間の田舎暮らしのスタート。

とはいえ寝るだけ(笑)叔母さんは用事があるとのことで直ぐに帰った。

 

 

いなかと言えば火遊び!

f:id:mmongoose:20200120113018j:plain

早速、持ってきたゴミを燃やす^^

気がつけば2時間経過(笑)

火はね、見てると落ち着くんだよ!

12時間運転すると頭が可笑しくなるんだ。

一旦気持ちを落ち着かせるために火遊び(笑)

・・・しながら次の予定を考える。

 

 

夕飯と花と風呂

とにかく、ここには何も無い!

風呂はあるが薪で沸かすタイプ!?

簡単に言うと、五右衛門風呂!

風呂を使うと洗うのがめんどくさい。

シャワーなんて便利な物は付いてないし、冷たい水で風呂を洗わなくてはならない。

 

台所で料理も考えたが、作るのがメンドクサイ f^^

 

ってことで、とにかく買出しと風呂。

最初に健康ランドに・・・。

検索してみると、30キロくらいのところにあるから行ってみよう!!

 

カーナビをセットして出発!

田舎道をどんどん下り、国道を左折の指示で曲がり、走ること5分。

通行止め×

数年前の大雨で土砂崩れ。いまだに修復されてない。

そんな場所は、沢山ある。

迂回して行くもすでに18時過ぎ。

普通ならまだ18時だけど、風呂で30分、買い物して・・・

帰宅する頃には9時くらいになりそうだ!?

そう!ここはとんでもない田舎。

疲れた身体にムチ打ってもどーにもならないと予測できる。

風呂は明日にしよう   Orz

買い物は下着類(忘れたから)と明日の朝食と墓参りの花とか線香とか。

 

運良くラーメン屋を発見!!

こんなとこまで来て夕食はラーメン。

ねぎ味噌を注文して、食べた。

以外に美味かった^^

 

近くに「島村」と「マックスバリュー」を発見!

下着と朝食のパンと花、晩酌のツマミを買って帰宅したら20時過ぎ。

それにしても寒い。

ツマミとビールも冷たい    (><)

炬燵で寝た   ZZZ

 

 

朝!

5時過ぎに寒くて起床(笑)

 

 

次回に続く(笑)